揚琴の音色を聴いてみたい方は・・・

新高円寺のGALLERY工+withさんで、今、「けやきの木のしたで 5つのおはなし part2」という展示が開かれています。庭時計の管理人の長井理佳と、木彫作家の木村藤一さんの2人展。
GALLERY工+withさんのfacebookイベントページはこちらです)

木村さんの温かい木彫作品と、木村さんの作品からヒントを得た長井のお話が展示されています。
椅子も沢山用意されていて、くつろぎながら展示を見ることができます。また、日によってはギャラリーで飲み物を注文することもできます。

7月16日〜31日までの会期中、何度か演奏と朗読の会をさせていただくのですが、残すところあと1回、7月24日(日)の回だけになりました。
時間は、14時〜と17時〜の二回です。
庭時計のオープニングでも朗読に音楽を添える催しをしましたが、今回はこの展覧会のための書き下ろしの童話で、その中から一回に2作品を読みます。
大人も子どもも楽しめる内容だと思います。
朗読には、同じく庭時計の管理人、花岡英一の音楽と効果音が添えられ、おはなしの情景がふんわりと浮かび上がります。
揚琴やジャンベや・・・その他いろいろな楽器?が登場しますので、楽しみにお越しください。
木村藤一さんの木彫は素朴でかわいらしく、そしてそれぞれが物語を秘めているように感じられます。みなさんもそれぞれのお気に入りを見つけてみてください。

8月21日には、Gallery庭時計にてYoga〜揚琴の調べにのせて〜の第二回目を開催しますが、生演奏で奏でる揚琴の音って、いったいどんな音?と思われる方も、この朗読会で少し聴くことができますので、おすすめです。
一度聴いていただいたら、この音でヨガって素敵だなあ〜…と思われると思います。
揚琴は中国の打弦楽器ですが、1音に張られた弦の本数が多く、美しく豊かな倍音が広がり、心を落ち着かせるのにぴったりです。
8月21日(日)の午前と午後に1クラスずつ。
まだ定員まで若干名ありますので、どうぞお早めにお申し込みください。

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。