4月16日(日)Yoga〜揚琴の調べにのせて〜のお誘い

Gallery庭時計も、桜舞い散る季節となりました。
毎月一回のYogaタイム、おかげさまで好評をいただいております。
中国の打弦楽器、揚琴(ヤンチン)の生演奏つきのYogaタイムです。
インストラクターの猿渡あゆみさんの、どなたにもわかりやすく心地よいリードで、初心者の方も、経験者の方も、気持ちよく心身ともにリラックスしていただけます。
とてもおすすめですので、ぜひお試しください。
連続講座ではありませんので、いつでも初参加大歓迎です。貯まると特典のあるスタンプカードもお渡ししています。

今月は、4月16日(日)、来月は5月21日(日)です。
午前の部 10:30〜 
午後の部 13:30〜 の二回です(各回先着5名)。
料金:各回 3,000円

4月もまだ空席がございますので、ぜひぜひご参加ください。
参加希望の方は、niwadokei@gmail.com へご連絡ください。折り返しお支払い方法やキャンセルポリシーなどをご案内します。
お電話の方は、070-5555-0501 (留守電あり)へどうぞ。
会場は、Gallery庭時計(杉並区成田東5-38-16)です。南阿佐ヶ谷駅より徒歩3分ほどです。
niwadokei_map_outline_300x300_for_web

★ヨガインストラクター 猿渡あゆみ
国立音楽大学リトミック科卒業。2007年渡印。インド政府認定全米アライアンスヨガTTC修了。帰国後、一般・高齢の方向けヨガ、子連れ産後ヨガのインストラクター。福祉施設でのヨガ指導も行う。伸びやかなリードで、心身の解放を促すクラスを行っている。

★揚琴 花岡英一
ドラム、パーカッション演奏家。中国の民族楽器 揚琴、西アフリカの太鼓 ジャンベ など様々な民族楽器を演奏するグループ「天鼓Tenkuu」も展開。東京 渋谷にて、アフリカンたいこ教室主宰。著書に『西アフリカの太鼓を楽しむ ジャンベの叩き方”>西アフリカの太鼓を楽しむ ジャンベの叩き方』。


揚琴の音色はなかなか口では説明しにくいですが、自然の風景にも似合う、とても安らかな音色です。

中国では合奏の中の一部として使われることが多いようですが、こちらでは単独で奏でていますので、音の気持ちよさを更に効果的に感じていただけるかと思います。
垣根と門のところ出している(雨の日以外)看板の、DMの写真をご覧になった方から『どこの国の方ですか?』と尋ねられたのですが、揚琴を演奏する花岡英一は、ちょっと国籍不明な顔立ちですが、日本人です!(笑)。

Yogaでは揚琴を演奏していますが、ドラム&パーカッションの演奏家で、アフリカの太鼓、ジャンベ教室(アフリカンたいこ教室)もやってます。
こちらもご興味ありましたら、ぜひ!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中