第2回ぶっく・すきっぷ、終了しました。

IMG_20170623_141152-816x4602017-06-26_22.46.01

6月23日(金)は、第2回ぶっく・すきっぷ・庭時計でした。
ゲストは童話作家のすとうあさえさんです。
ご自身が書かれたたくさんの絵本を題材に、絵本の絵にまつわるお話を、画家さんとのやり取りや、絵本が出来上がるまでのエピソードなどを混じえながら語って下さいました。
創作の裏話は、読者にとっても、その本を知らない人にとってもとても興味深くて面白く、まさに絵本との新たな出会いとなるひとときだったのではと思います。
「ざぼんじいさんのかきのき」が、もとは別の方が絵を描いた保育絵本だったなんて、知りませんでした。一度生まれた作品が年月を経て生き残っていく道には、さまざまなパターンがあるのだなあと感じ入りました。

すとうさんの出したお題は、「今、私が◯◯に贈りたい絵本」。すとうさんご自身からは、「ねばらねばなっとう』(林木林 文/たかお ゆうこ 絵・ひかりのくに)でした。
すとうさんの読み聞かせに合わせて、みんなで歌いましたよ〜。「なっとー なっとー なっとーなっとーなっと〜♫」。

この日は13人の方々が、「◯◯に贈りたい絵本」を手に手に集まりました。
好きなもののことを語る時、人ってなんだか生き生きしています。聴いている側も、その人のことを少し知ることができたようで嬉しくなります。
IMG_20170623_154356-816x460
この日紹介された絵本たち、集合〜。

・紹介された本のタイトル・
「ねばらねばなっとう」「ブリキの音符」「いすがあるいた」「花咲爺」「なないろどうわ」「ピーコポンチャン」「だれも知らない小さな国」「時計作りのジョニー」「すばらしいとき」「なーらんだ」「旅の絵本」「あめのひのトランペット」「あめたろう」
「ゴチソウドロ どこにいる?」「まなつのみみず」「じいちゃんのステッキ」「えーんえんえん」ほか。

次回のぶっく・すきっぷ・庭時計は、8月4日(金)14:00~16:00。
ゲスト(と言っていいのかわかりませんが…)は、庭時計の管理人、長井理佳です。
お題は「五感を刺激する本」。
もう少し近くなりましたらまたお知らせいたします。
どうぞよろしくお願いいたします。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。