ラオスの時間 in 庭時計 5/25(金)!

間際になってしまいましたが、イベントのお知らせです。

『ラオスの時間 in 庭時計』
管理人の長年の友人で、ラオスで子どもたちの図書館活動をしている安井清子さんと、夫でパフォーマーのノイさんをお招きします。

安井さんは年に数回帰国されますが、ご多忙でいつもうまくスケジュールが合わず、ようやく急遽実現! なかなかない機会なので、ご興味あればぜひお申し込みください(狭い会場なので、要予約です)。

〜ラオスの時間 in 庭時計〜
日時:5月25日(金) 13:30 open 14:00 start
場所::Gallery庭時計(杉並区成田東5−38−16)

料金:2,000円(小学生以下は無料)
お申込み:お問い合わせ:niwadokei@gmail.com(要予約! 先着20名)
メールにて詳細を返信いたします。

内容:
・ノイさんと、Drums&Percussionの花岡英一による即興パフォーマンス
・安井清子さんによるお話会
・ラオスの少数民族 モン族のクラフト販売 など

img_20180519_1048541608525064.jpg

*写真は、打ち合わせの日、手作りのお人形の一部を持っていらしたノイさん(見えちゃうとつまらないので隠してあります 笑)。これがまた、オリジナリティがすごいんです。
何気ない物に命を吹き込むノイさんのパフォーマンスと、音の風景を創る花岡英一の民族楽器のコラボレーションをお楽しみ下さい。
清子さんのお話もまた、何が飛び出すのか? モンの民話はもちろん、ユニークで楽しいものになりそうで、とても楽しみです。
垣根に囲まれた庭の中の小さなspaceで、しばしラオスの時間を共有しましょう。
(とくに子ども向けではありません。大人が楽しめる内容です。もちろんお子さんも大歓迎)

★出演者プロフィール

◉安井清子
杉並区出身。ラオスで、モン族の民話の収集と共に、山の村とビエンチャンで子ども図書館を運営している。こちらに最近のインタビュー記事があります!→http://wol.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/100400151/031200008/?ST=mobile_f

◉ノイ(コンサワン・アーソッド)
元、パフォーマンスグループに所属していたが、今はフリー。農作業などの傍ら、図書館活動の中で、演じている。

◉花岡英一
Drums&Percussion 演奏家。著書に『西アフリカの太鼓を楽しむ ジャンベの叩き方」。アフリカンたいこ教室 主催。https://africantaiko.blog.fc2.com/

 

niwadokei_map_outline_300x300_for_web

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

WordPress.com で無料サイトやブログを作成. テーマ: Baskerville 2 by Anders Noren

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。