庭時計に秋が来て

気がつけば秋。すっかり秋。
庭時計の庭は、柿と桜の落ち葉でいっぱいです。
どの季節もそれぞれに魅力がありますが、華やかさから言えば、桜の咲く時期についで落ち葉の季節が、この庭の美しい時だと思います。
この季節、花といえばツワブキだけ。でもこれがまた、小さな陽だまりのように庭をあたたかくしてくれています。
柿はもう樹齢百年近いかと思われる甘柿なのですが、昨年あたりから少し渋みがまざるようになりました。それで、今年は干し柿に〜。もうすでにだいぶ食べてしまっておりますが・・・。
庭時計の秋の風景です。

11月の初めには、庭時計にて、糸操り人形グループの公演がありました。発表会という名目で、事前に満席が予想されていたので、お近くの人にしかあまり宣伝をしなかったのですが、もっといろいろな人に見ていただきたかった楽しい公演でした。
代表の塩川京子さんは、江戸糸操り人形の一座で研鑽を積まれたプロフェッショナル。
考案されたペットボトルの操り人形もとても愛嬌があって面白く、また、塩川さんが三味線の長唄に乗せて演じられた伝統演目「黒髪」も素晴らしく、命をふきこまれた人形の世界に釘付けのひとときでした。庭時計の雰囲気にもぴったりでしたので、ぜひ来年も!とお願いしました。
sdr
Gallery庭時計の心地よさは、ここに来ていただけるとわかります。
まだまだ駆け出しの、しかもやたらとのんびり稼働のギャラリーですが、この雰囲気の中でぜひと思われたら、どうぞお声がけください。諸々、ご相談に応じます。
展示などの大きなイベントでなくとも、ワークショップや朗読会などにもいかかですか。
管理人は作詞・童話作家と音楽家ですので、お客様にいろいろお話を聞かせていただくのも楽しみです。
貸し出していないときはクローズしていますので、中をご覧になりたい場合は事前にお問い合わせください。

庭時計については今年ちょっとのんびりしすぎた管理人。というよりも、手が回らなかった感ありで反省しきり。
来年は、いろいろ企画して、楽しく心地よいひとときを多くの方と共有できたらと思っております。
あ、もちろん年内もまだスケジュール空いておりますので、お使いになりたい方はお問い合わせください。

ハネオト展、本日5時までです

はじまりはもう15年ほど前でしょうか。表参道の北川画廊からはじまったハネオト展。
ゆっくりと継続しています(もう何回目かだれもよくわかっていない・・・笑)。
無理せず、でもやめないことが長続きのコツ?
イラストレーター、物書き、絵本作家たちの仲間です。
イラストが主だった当時から、みんなどんどん自由気ままになって、今では手作りバッグや苔玉やオブジェや立体絵本まで。

とても賑やかな展示になっております。

わたなべきょうこさんの考案した「くるりん絵本」(特許出願済み)の実演も盛況で、大好評でした。
保育の教材にも、読み聞かせの場にも、その他年齢を問わずいろいろな場面で活用できそうなアイテムです。わたなべきょうこさんは本日(最終日)の午後にも在廊されていると思うので 、実演が見られるかもしれません。

手作りバッグ、苔玉、ポストカード、しおりなどの販売もございます。
どうぞお気軽に、ひとやすみにいらしてください。
詳細はこちらのページにございます。

グループ展「ハネオト」のお知らせ

20161014haneoto_post_card
ハネオト 〜ようこそ ひとやすみの庭へ〜
イラストレーター、童話作家・作詞家、子どもの造形アトリエ主催者・・・。
十年以上にわたりグループ展を重ねてきた作家たちが、自分のテリトリーをはみ出して、もっと自由に、もっと気ままに?
創作の庭を思い思いに広げ、くつろぎの空間をおとどけします。
どうぞお気軽にお立ち寄りください。
作品の販売もあります。

会期:2016.10.14(金)〜18(火)
時間:午前11時〜19時(最終日は17時まで)
会場:Gallery庭時計
住所:杉並区成田東5-38-16 tel: 070-3962-1033(長井)

10/15(土)の午前と午後、絵本作家、わたなべきょうこさんオリジナルの、ユニークな手作り立体絵本「くるりん絵本」の実演を行います。ふしぎなしかけに釘付けになる!楽しいひととき、ぜひお子さまもご一緒に!(もちろん大人の方も楽しめます!)
入場は無料です。
11:30頃〜と、13:30頃〜を予定しています。
gallery_niwadokei_map
*最寄駅は東京メトロ丸ノ内線 南阿佐ヶ谷駅です(徒歩2〜3分)。
上の地図の曲がり角にある「保育園」は、 杉並区職員会館の建物で園庭などはないので、ちょっと分かりにくいかもしれません。ご注意下さい。

*ご来場に際しては庭時計ご利用のお願いをご覧ください。

揚琴&ヨガ 好評受付中です

7月から月一回でスタートしてご好評をいただいている、生演奏つきのヨガクラス、Yoga〜揚琴の調べにのせて
管理人の私も先日はじめて参加してみました。
人生でヨガ体験はこれが二回目!という私ですが、とても良かったので改めて自信を持ってお薦めいたします(レッスン中はさすがに撮影はしていられないので写真はありませんが)。
あゆみ先生のリードはとてもわかりやすく安心感があるので初心者でも無理なく参加していただけますし、もちろん経験のある方はさらに深めることができるはずです。
毎回、初心者の方、経験者の方、混ざり合いつつ、終了後もお茶を飲みながらとても和やかな雰囲気です。男性、女性問わずお申し込みいただけます。

暑い時期は窓を締めて軽く冷房を入れていましたが、これから寒くなる前までは、窓からの風が心地よく、香りのいい杉の床も、さらりとしてとてもいい気持ち。
蟬しぐれに代わって、庭では秋の虫も鳴き始めました。
庭の外は人や車も通りかかりはするのですが、揚琴の癒しの音色に包まれて静かに呼吸に集中している時間は、なぜかあまり気になりません。
とくに気づきもせずに毎日を送っているけれど、「人は休みなく呼吸して生きているのだ」と意識することは私にとって新鮮でした。
その「呼吸」を意識することで、自分の内側を見つめるような感覚です。
このところ、何かと前かがみの姿勢が多くなっていたら、体だけでなく気持ちも前かがみになっていたようで・・・。しぼんでいたビーチボールにゆっくりと息を吹き込んで柔らかく丸くしていくような気持ちになりました。
1時間半のヨガタイムを終えた午後は、とても心地よくすっきりした一方で、何かが解放されたみたいなぽや〜〜んとした眠気に襲われ、夕方までふわふわと過ごしました。
img_2925
あゆみ先生と花岡英一がお待ちしています。
年内のヨガクラスの予定は以下の通りです。
**********
10月2日(日)
11月13日(日)
12月11日(日)
(講師の都合で変更になる場合もありますが、早めに告知いたします)

<時 間> 午前クラス 10:30〜12:00
      午後クラス 13:30〜15:00

<定 員> 要予約 各クラス 先着5名(最低開催人数 各クラス3名)
      ※お申し込みが最低開催人数に満たない場合は、未開催もしくは時間帯の移動をお願いする場合がございます。

<参加費> 3000円/回
<会 場> Gallery庭時計
     東京都杉並区成田東5-38-16
     丸ノ内線 南阿佐ヶ谷駅より 徒歩3分
gallery_niwadokei_map

<予約申し込み・お問い合わせ>
     Mail niwadokei◎gmail.com(◎を@に変換してください)
     Tel  070-5555-0501(留守電有り)

★ヨガインストラクター 猿渡あゆみ
 国立音楽大学リトミック科卒業。2007年渡印。インド政府認定全米アライアンスヨガTTC修了。帰国後、一般・高齢の方向けヨガ、子連れ産後ヨガのインストラクター。福祉施設でのヨガ指導も行う。伸びやかなリードで、心身の解放を促すクラスを行っている。

★揚琴 花岡英一
 ドラム、パーカッション演奏家。中国の民族楽器 揚琴、西アフリカの太鼓 ジャンベ など様々な民族楽器を演奏するグループ「天鼓Tenkuu」も展開。東京 渋谷にて、アフリカンたいこ教室主宰。著書に『西アフリカの太鼓を楽しむ ジャンベの叩き方”>西アフリカの太鼓を楽しむ ジャンベの叩き方』。

Yoga〜揚琴の調べにのせて 第3回 そして今後の日程

yoga_postcard_face_outlined_400x269
ご好評をいただいています、 揚琴(ヤンチン)の生演奏つきヨガクラス。
毎回ブログでの告知が遅れて申し訳ありません。
次回は9月11日(日)となります。
先着5名ですので、ご興味のある方はぜひ一度 参加されてみてください。
リピーターとなってくださる方がとても多いです。

また、年内の予定がほぼ決まりました(講師の都合により変更になる場合もあります)。
9月11日(日)
10月2日(日)
11月13日(日)
12月11日(日)
開催時間は毎回同じ(以下のとおり)です。
**************

Yoga〜揚琴の調べにのせて〜第3回は、以下の通りです。
杉の床の上で、生音の心地よさに包まれて、安らぎのヨガタイムはいかがでしょう。
初心者も大歓迎です!

<日にち> 2016年9月11日(日) 月1回 日曜開催

<時 間> 午前クラス 10:30〜12:00
      午後クラス 13:30〜15:00

<定 員> 要予約 各クラス 先着5名(最低開催人数 各クラス3名)
      ※お申し込みが最低開催人数に満たない場合は、未開催もしくは時間帯の移動をお願いする場合がございます。

<参加費> 3000円/回
<会 場> Gallery庭時計
     東京都杉並区成田東5-38-16
     丸ノ内線 南阿佐ヶ谷駅より 徒歩3分
gallery_niwadokei_map

<予約申し込み・お問い合わせ>
     Mail niwadokei◎gmail.com(◎を@に変換してください)
     Tel  070-5555-0501(留守電有り)

★ヨガインストラクター 猿渡あゆみ
 国立音楽大学リトミック科卒業。2007年渡印。インド政府認定全米アライアンスヨガTTC修了。帰国後、一般・高齢の方向けヨガ、子連れ産後ヨガのインストラクター。福祉施設でのヨガ指導も行う。伸びやかなリードで、心身の解放を促すクラスを行っている。

★揚琴 花岡英一
 ドラム、パーカッション演奏家。中国の民族楽器 揚琴、西アフリカの太鼓 ジャンベ など様々な民族楽器を演奏するグループ「天鼓Tenkuu」も展開。東京 渋谷にて、アフリカンたいこ教室主宰。著書に『西アフリカの太鼓を楽しむ ジャンベの叩き方”>西アフリカの太鼓を楽しむ ジャンベの叩き方』。

8/7(日) 鳥笛作りワークショップ&ライブ@渋谷のお知らせ

Gallery庭時計の管理人の一人、花岡英一がメンバーをつとめる民族楽器演奏デュオ 天鼓Tenkuuによる、夏休みワークショップ & ライヴのお知らせです。
場所は庭時計ではなく、渋谷のKurukuru Global Hub(くるくる・グローバル・ハブ)というスペース。庭時計では音が大きすぎて演奏できない西アフリカの太鼓ジャンベや、そのほか様々な種類の民族楽器が登場します。
b0365712_18361956
夏休み特別企画です♪
昼の部には、鳥笛を作るワークショップがあります。
お子さまと一緒にいかがでしょうか?
ジャンベを叩けるコーナーもありますよ。
b0365712_1961497
写真の鳥笛は天鼓Tenkuuのメンバー暁天さん作のサインの入ったものです。暁天さん作の鳥笛はとてもいい音がして、小鳥たちも仲間と間違えるほど。
小学生以下のお子様は、鳥笛の材料費1000円だけで、ミニコンサートも聴くことができます。
ぜひ以下をご覧ください。
〜♪♪♪♪〜〜♪♪♪♪〜〜♪♪♪♪〜〜♪♪♪♪〜

≪昼の部≫ 親子向け 夏休みワークショップ & ミニライヴ

1)鳥笛をつくろう!
天鼓Tenkuu が、コンサートやレコーディングで使っている鳥笛を、自分で作って持ち帰れます♪

2)アフリカの太鼓ジャンベを叩こう!
天鼓Tenkuu ミニコンサートの中で、一緒に叩けるコーナーがあります♪

3)天鼓 親子向けミニコンサート!
面白い音の楽器たち、観て聴いてみよう♪

【日にち】2016年8月7日(日)
【時 間】13:30開場 14:00~15:30
【入 場】前売り 3,500円(当日精算 4,000円)小学生以下無料
【材料費】別途1,000円/人
【定 員】要予約 25名

≪夜の部≫ 天鼓Tenkuu コンサート「涼」
世界のさまざまな民族楽器の音色にひたる すずやかな夜。

【日にち】2016年8月7日(日)
【時 間】16:30開場 17:00~18:30
【入 場】前売り 3,500円(当日精算 4,000円)
【定 員】要予約 25名

【会 場】Kurukuru Global Hub(くるくる・グローバル・ハブ)
渋谷区渋谷1-13-5大協渋谷ビル1階
渋谷ヒカリエから徒歩3分。宮益坂下交差点から青山方面に左手歩道を100m上り、ファーストキッチンの角を左折30m左手。左手ガラス張りのスペースです。

●要予約・お問い合わせ先
天鼓(てんくう)
URL http://tenkuu99.blog70.fc2.com/
E-mail tnnkuu♪yahoo.co.jp(♪を@に変換してください)
Tel. 070-5555-0501

揚琴の音色を聴いてみたい方は・・・

新高円寺のGALLERY工+withさんで、今、「けやきの木のしたで 5つのおはなし part2」という展示が開かれています。庭時計の管理人の長井理佳と、木彫作家の木村藤一さんの2人展。
GALLERY工+withさんのfacebookイベントページはこちらです)

木村さんの温かい木彫作品と、木村さんの作品からヒントを得た長井のお話が展示されています。
椅子も沢山用意されていて、くつろぎながら展示を見ることができます。また、日によってはギャラリーで飲み物を注文することもできます。

7月16日〜31日までの会期中、何度か演奏と朗読の会をさせていただくのですが、残すところあと1回、7月24日(日)の回だけになりました。
時間は、14時〜と17時〜の二回です。
庭時計のオープニングでも朗読に音楽を添える催しをしましたが、今回はこの展覧会のための書き下ろしの童話で、その中から一回に2作品を読みます。
大人も子どもも楽しめる内容だと思います。
朗読には、同じく庭時計の管理人、花岡英一の音楽と効果音が添えられ、おはなしの情景がふんわりと浮かび上がります。
揚琴やジャンベや・・・その他いろいろな楽器?が登場しますので、楽しみにお越しください。
木村藤一さんの木彫は素朴でかわいらしく、そしてそれぞれが物語を秘めているように感じられます。みなさんもそれぞれのお気に入りを見つけてみてください。

8月21日には、Gallery庭時計にてYoga〜揚琴の調べにのせて〜の第二回目を開催しますが、生演奏で奏でる揚琴の音って、いったいどんな音?と思われる方も、この朗読会で少し聴くことができますので、おすすめです。
一度聴いていただいたら、この音でヨガって素敵だなあ〜…と思われると思います。
揚琴は中国の打弦楽器ですが、1音に張られた弦の本数が多く、美しく豊かな倍音が広がり、心を落ち着かせるのにぴったりです。
8月21日(日)の午前と午後に1クラスずつ。
まだ定員まで若干名ありますので、どうぞお早めにお申し込みください。

 

 

Yoga〜揚琴の調べにのせて〜第1回が終わりました

IMG_20160703s
7月3日(日)、Yoga〜揚琴の調べにのせて〜第1回 が開催されました。
梅雨時とは思えないような日差しの中、足をお運びいただきましてありがとうございました。
午前、午後ともに3名ずつの参加者で、ゆったりとぜいたくなヨガタイム。
杉の香りと揚琴の音色の中、インストラクターのアユ先生のリードで、みなさん心地よく心身を解きほぐされたようです。
アユ先生のヨガの魅力と、揚琴の調べの相乗効果でしょうか。
「京都のお寺で座禅を組んだ時のよう。心身ともに浄化された感じです」というご感想もいただきました。
終了後、庭時計の庭の無農薬ハーブティーを飲んでいただきながら、しばし和やかなひととき。その日のうちに次回の予約をして下さった方が多かったのも嬉しいことでした。
**************

Yoga〜揚琴の調べにのせて〜第2回は、以下の通りです。
杉の床の上で、生音の心地よさに包まれて、安らぎのヨガタイムはいかがでしょう。
初心者も大歓迎です!

<日にち> 2016年8月21日(日) 月1回 日曜開催
     ※以降の予定はお問い合わせください。

<時 間> 午前クラス 10:30〜12:00
      午後クラス 13:30〜15:00

<定 員> 要予約 各クラス 先着5名(最低開催人数 各クラス3名)
      ※お申し込みが最低開催人数に満たない場合は、未開催もしくは時間帯の移動をお願いする場合がございます。

<参加費> 3000円/回
<会 場> Gallery庭時計
     東京都杉並区成田東5-38-16
     丸ノ内線 南阿佐ヶ谷駅より 徒歩3分

<予約申し込み・お問い合わせ>
     Mail niwadokei◎gmail.com(◎を@に変換してください)
     Tel  070-5555-0501(留守電有り)

★ヨガインストラクター 猿渡あゆみ
 国立音楽大学リトミック科卒業。2007年渡印。インド政府認定全米アライアンスヨガTTC修了。帰国後、一般・高齢の方向けヨガ、子連れ産後ヨガのインストラクター。福祉施設でのヨガ指導も行う。伸びやかなリードで、心身の解放を促すクラスを行っている。

★揚琴 花岡英一
 ドラム、パーカッション演奏家。中国の民族楽器 揚琴、西アフリカの太鼓 ジャンベ など様々な民族楽器を演奏するグループ「天鼓Tenkuu」も展開。東京 渋谷にて、アフリカンたいこ教室主宰。著書に『西アフリカの太鼓を楽しむ ジャンベの叩き方”>西アフリカの太鼓を楽しむ ジャンベの叩き方』。
yoga_postcard_face_outlined_400x269

IMG_20160703_132246-480x851
庭時計のエントランスに咲く紫の花3人組は、ギボウシとブッドレアとアガパンサス。
蒸し暑さで少しお疲れモードかな?

梅雨の庭

オープニングの三日間を終えひっそりしているかに見える庭時計。お客さまへの時間貸しや、管理人それぞれの物書き仕事や楽器の練習、打ち合わせなどにゆるゆる使われています。
そしてひっそりに見えて実はもっともにぎやかなのが、庭の植物たちです。少しご紹介いたしますね。

エントランスのギボウシは長年この庭にあるものですが、今やものすごく大きく立派になりました。
何度か株分けして別の場所に植えたりもしていますが、雨樋の下のここが一番お気に入りの様子。
支柱を立てなかったので雨で倒れている花たちも。その中で、隣のバラからのヤマイモのつるに支えられて立っている花がいます。うまいこと助け合っています。
斑入りの紫陽花は、長年地域の憩いの場所だった阿佐ヶ谷住宅が建て替えになるにあたり、そこに育っていたものを挿し木で増やした方がいて、それを手に入れた友人から頂いたもの。めぐりめぐって我が家の庭に。まだ花はつきませんが、ずいぶん大きくなりました。のびた枝を切って別の挿し木も生育中です。
木に登っているのはハツユキカズラ。登られているのは八重桜で、ギャラリーの南の窓の外にちょっと斜めになって立っています。小さい木ですが、ソメイヨシノが盛大に散った後、華やかに盛り上げてくれます。

庭時計の庭は、私、管理人Rが世話しておりますが、私はいろいろな植物がひしめき合っているところが好き。それでいつも、なんとなく鬱蒼とした庭になってしまうのですね。
足元もまた然り。庭石のまわりにも小さなものがたくさん生えています。勝手に生えてきたものもあれば、植え替えたり挿し芽をして増やしてみたものもあり。
これが、見ているとなかなか癒されるんですよー。
苔たちも、よく見ると何種類かが棲み分けています。涼しいうちはいいけれど、これから蒸してくると、苔にとっては辛い季節でしょう。
スミレは、花屋さんで求めたものと、どこからかいつのまにかやってきたものと。春先はまばらだったのに、いつのまにかどんどん増えていました。一時はツマグロヒョウモンの幼虫にあらかた食べられて、ため息をついていたものですが・・・。
スミレの中にたまに同じようなハート型の葉っぱで、さりげなくドクダミさんがまぎれこむのですが、ドクダミさんたちは別の場所で元気に群れをなしているので、申し訳ないけれど時々切らせていただいています。
苔も大事にしたいので、間に生えてくるものたちはバランスを見ながら根元で切ったり植え替えたりしています(たぶん、バランスが良くなったと感じるのはわたくしだけで、人から見ると雑然としていることに変わりはないかとは思いますが…笑)。
きちんと刈り込んだり、雑草という名の下に目の敵にはできない性格で。まあそれでも好きなものとそうでないものはあるので(庭あっての庭時計ですし…)ほどほどに手を入れています。

今、育つといいなと思っているのは、左の二つの細長い葉っぱ。フウチソウです(斑入りとそうでないものとあります)。
どちらも小さい苗を植えたものなので、園芸店で見かけるようなふんわりこんもりの素敵な装いにはほど遠いのですが、ちょっとずつ葉数を増やしているところを見ると、この庭に馴染んできてくれているのかな?と辛抱強く見つめています。
アイビーとシダの中にすっくと伸びて若葉をつけているのは、柿。実が落ちて生えてきた実生の若木です。よく見ると、庭のあちこちに実生の柿が出ていて、秋には一人前に紅葉していたり。

そして、今テーブルを占拠しているのが、苔玉たち・・・。
昨年の7〜8月ごろ80個近く作って、個人的な集まりでお客さまに差し上げて、その残りの子たちが今も元気にしています。
中に植えた植物もいろいろ。アイビー、シダ、ワイヤープランツ、コデマリ、ハツユキカズラ、シマトネリコ、ヘンリーヅタ、キッショウソウ・・・いつの間にか生えてきた草もあり。
観葉植物を植えたものを除いて、全員が真冬も外暮らしでした。雪の日だけは軒下に入れましたが、苔も中に植えた植物も、その方がずっと生き生きします。
とくに秋から春にかけての苔の美しさは絶好調です。真ん中の写真の子は、植えた植物は枯れてしまいましたが、苔ボールになって元気です(植えた植物の葉にさえぎられることなく満遍なく日が当たるからかも)。
冬、寒さですっかり枯れてしまったかに思われたポトスが、今月に入って息を吹き返したのが嬉しかったな。
白と赤の斑入りの葉は、ミズヒキです。これは、一度は苔玉に仕立てたのですが、生育力が旺盛すぎてすぐに苔玉がカラカラになってしまうので、苔玉をやめて庭植えにしたところ、ますます元気に。暖かくなってからまた芽が出てきて、今では庭の中ですてきなアクセントになっています。

苔玉、また作りたいと思うので、いつかワークショップをやろうかなと思っています。
不器用な私でも作れるので、大丈夫です。
なかなかいいですよー、苔玉。

 

オープニングの三日間終了いたしました

庭時計オープニングの三日間、おかげさまで和やかに終えることができました。ご来場いただきありがとうございました。
また、たくさんのお心遣いもいただき、ありがとうございました。
うちの前の道を通勤やお散歩の途中にいつも通っていらして、気になって寄ってみたという方もいらっしゃいましたし、ふだん、挨拶はするけれども、お互い何をしている人なのか知らないで過ごしているご近所さんに、この機会にあらためて自己紹介できたのも良かったです。
FB_IMG_1466390816503
(読み聞かせライブの写真はN.Nさんから頂きました。ありがとうございます)

今日からまたしばらくは公開の催しはないのでクローズしていますが、ギャラリーの間取りや内装などをご覧になりたいという方は、こちらのページに連絡先がありますので、必ず事前にご連絡ください。
IMG_20160619_215202-240x426とりあえずははじめの一歩にかんぱーい、の庭時計でした。
これからもゆるゆるやってまいりますので、どうぞ宜しくお願いいたします。

7月3日(日)のイベント、Yoga〜揚琴の調べにのせて、まだ少し空きがあります。
香りのいい無垢の杉床の上で、心地よい音色に包まれて心と体を解放してみませんか。
どうぞお早めにお申し込みください。